• 本

囚われの盤

出版社名 講談社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-06-220663-1
4-06-220663-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

魯国の有力者の息子・盤は、年末のお祭り騒ぎのなか、かつての許嫁イチに呼び出される。二人は様々な発明品を作ることに夢中になり、お互いの才能を認め合ってもいた。盤の父親がイチの才能に目をつけ、自らの夫人としてしまったため、本来は二人きりで会うことは決して許されない。束の間、甘く苦い時を味わっていたそのとき、盤の家の方から煙が昇り、大量の火矢が射られているのを発見する。盤は家へ急ぐ。イチにもどうするか問いかけるが、すでにそこにはイチはいなかった―。この日を境に運命の歯車は大きく狂い、盤とイチの愛と憎しみの物語が始まる。

おすすめコメント

俺は必ずあの女を捕らえ、復讐する。息の根を止めるのはこの俺だ。気鋭の新人が描く、古代中国を舞台にした壮絶な愛と復讐の物語!

著者紹介

小島 環 (コジマ タマキ)  
1985年名古屋市生まれ。愛知県立大学外国語学部中国学科卒業。在学中より執筆活動を始める。工作機械メーカーに勤務の後、退社。建築デザインを学びながら本格的に執筆活動を始め、2014年『小旋風の夢絃』(応募時タイトル『三皇の琴 天地を鳴動さす』)で第9回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)