• 本

奔流恐るるにたらず

重蔵始末 8 完結篇

出版社名 講談社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-06-220803-1
4-06-220803-2
税込価格 1,944円
頁数・縦 364P 20cm

商品内容

要旨

文化四年、五度目の蝦夷地巡見に向かった近藤重蔵は、新たに宗谷、利尻島まで踏破する。北辺の地で九死に一生を得た重蔵は、帰府後、将軍家斉への御目見を果たした。蝦夷地の守りを固めるよう直々に進言するも、あろうことか、その後は御書物奉行へ、また大坂弓奉行へという不本意な役替えを受けることに。大坂では大塩平八郎の知己を得た重蔵の、あまりにも意外な最期の刻。生涯の宿敵女賊・りよとの最後の対決は―。

おすすめコメント

長谷川平蔵と並び立つ江戸の俊英・近藤重蔵。波乱に満ちた生涯の最期はあまりに意外なものであった。著者代表作時代小説ここに完結!