• 本

ニュートリノ天体物理学入門 知られざる宇宙の姿を透視する

ブルーバックス B−1394

出版社名 講談社
出版年月 2002年11月
ISBNコード 978-4-06-257394-8
4-06-257394-6
税込価格 972円
頁数・縦 190P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

あらゆる物質を通り抜けてしまう不思議な粒子ニュートリノを観測することによって、いままで見えなかった宇宙の奥の奥まで見ることができるようになった。宇宙誕生の1秒後の姿からミッシングマスの正体まで、知られざる宇宙の実像が浮き彫りにされる。

目次

第1章 物理との出会い
第2章 素粒子とそれらの間に働く力
第3章 星の一生と元素の創生
第4章 宇宙のはじまり
第5章 ニュートリノ天体物理学の誕生(カミオカンデ)
第6章 更なる発展(スーパーカミオカンデ・その他)
第7章 これから何処へ

おすすめコメント

物質との相互作用がきわめて小さいニュートリノを通して、カミオカンデを築いたノーベル物理学者が見た宇宙とは・・・?

出版社・メーカーコメント

ノーベル賞学者が明かすニュートリノの世界ニュートリノの質量がゼロでないとしたら。宇宙が生まれた1秒後の世界から、大統一理論の再構築まで、スーパーカミオカンデのデータから宇宙の実像に迫る。

著者紹介

小柴 昌俊 (コシバ マサトシ)  
1926年、愛知県生まれ。東京大学理学部物理学科卒業、ロチェスター大学大学院修了。Ph.D.、理学博士。東京大学理学部教授、東海大学理学部教授を歴任。その間、ドイツのDESY、スイスのCERNの客員教授を務める。東京大学名誉教授。1987年、カミオカンデにおいて超新星からのニュートリノを世界で初めて観測。仁科記念賞、朝日賞、文化功労者、日本学士院賞、文化勲章、Wolf賞(イスラエル)など数々の賞を受賞。2002年、「ニュートリノ天文学」を切りひらいた功績によりノーベル物理学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)