• 本

光と重力ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か

ブルーバックス B−1930

出版社名 講談社
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-06-257930-8
4-06-257930-8
税込価格 1,188円
頁数・縦 294P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

1665年、ペストの流行で閉鎖された大学を去り、孤独の中で次々と大発見を成し遂げたニュートン。それから240年後、特許庁で働きながらひとりで特殊相対性理論を作り上げたアインシュタイン。ともに孤独を愛し、研究に没頭することを好んだ二人の天才をとらえたテーマ「光」と「重力」を通して、彼らの思考にせまります。

目次

第1章 奇跡の年―天才性の爆発(エリザベス女王の嘆き
ニュートンの回想 ほか)
第2章 光―天才を捉えしもの(プリズムを手にしたニュートン像
光の変容説 ほか)
第3章 重力―統一への指向(カントとコペルニクス
地動説は天動説の相似形 ほか)
第4章 近代物理学の発展―ニュートンの遺産(ニュートンが示した扁平な地球の形
地球測量の大冒険 ほか)
第5章 現代物理学の発展―アインシュタインの遺産(パラパラ動画「少年と原子」
電子顕微鏡による原子の撮影 ほか)

おすすめコメント

1665年、ペストの流行で閉鎖された大学を去り、孤独の中で次々と大発見を成し遂げたニュートン。それから240年後、特許庁で働きながらひとりで特殊相対性理論を作り上げたアインシュタイン。物理学の礎を築いた二人の生い立ちと業績を比較すると、そこにはいくつもの共通点が見えてきます。ともに孤独を愛し、研究に没頭することを好んだ二人の天才をとらえたテーマ「光」と「重力」を通して、彼らの思考にせまります。

著者紹介

小山 慶太 (コヤマ ケイタ)  
1948年生まれ。早稲田大学理工学部卒業。理学博士。早稲田大学社会科学総合学術院教授(科学史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)