• 本

ヒンドゥー教 インドという〈謎〉

講談社選書メチエ 299

出版社名 講談社
出版年月 2004年5月
ISBNコード 978-4-06-258299-5
4-06-258299-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 251P 19cm

商品内容

要旨

ヒンドゥー教は8億人が信奉する民族宗教。奇々怪々な神像の意味するものは?輪廻転生をなぜ信じるのか?インダス文明からガンディーまで、深遠なウパニシャッドから熱烈なバクティ信仰まで、多にして一、一にして多、変幻自在なインドの“基層”を解き明かす。

目次

第1部 ヒンドゥー教への誘い(「インド的なるもの」への旅立ち―ヒンドゥー教を育んだ自然と大地
ヒンドゥー教とは何か?―ヒンドゥー教史入門
ヒンドゥー教徒の暮らしと宗教世界―「食」に息づく生命への想い
ヒンドゥー教の時間論と宇宙論―輪廻する時間、輪廻する宇宙
ヒンドゥー教の神々と祭り ほか)
第2部 ヒンドゥー教の思想と歴史(インダス文明と原ヒンドゥー教―ヒンドゥー文化の祖型をなすもの
ヴェーダ聖典とバラモン教
ウパニシャッドの哲学と自由思想家の活躍
インド正統派思想の成立―六派哲学の諸体系
不二一元論とヒンドゥー教有神論思想の確立―「無属性のブラフマン」から主宰神へ ほか)

出版社
商品紹介

8億人が信奉する悠久の地インドの民族宗教。奇々怪々な神像が意味するものは。輪廻転生をなぜ信じるのか。多にして一、一にして多。変幻自在なインドの不思議な世界をエキスパートがわかりやすく解説。

出版社・メーカーコメント

8億人が信奉する悠久の地インドの民族宗教奇々怪々な神像が意味するものは?輪廻転生をなぜ信じるのか?多にして一、一にして多。変幻自在なインドの不思議な世界をエキスパートがわかりやすく解説。

著者紹介

山下 博司 (ヤマシタ ヒロシ)  
1954年生まれ。東北大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程をへてマドラス大学哲学科博士課程修了。哲学博士。現在、東北大学大学院国際文化研究科教授。専門は南アジア地域研究、インド思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)