• 本

〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等

講談社選書メチエ 586

出版社名 講談社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-06-258589-7
4-06-258589-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 195P 19cm

商品内容

要旨

武士の革命としての明治維新。農村地主の運動としての自由民権運動。男子普通選挙制を生んだ大正の都市中間層…。しかし、社会的格差の是正は、自由主義体制下ではなく、日中戦争後の総力戦体制下で進んだというジレンマをどうとらえればよいのか。「階級」という観点から、明治維新から日中戦争勃発前夜までの七〇年の歴史を、日本近代史の碩学が描き出す。

目次

第1章 「士族」と「農村地主」(社会革命としての明治維新
四〇万士族と九〇万地主
士族と地主の協調)
第2章 農村地主の時代(「民力休養」と格差の固定化
軍備縮小か大衆課税か?
保守化と大きな政府
政治的安定と社会的不安定)
第3章 資本家の時代(地主議会と普通選挙
普通選挙制と「私有財産制」
「資本主義」か「民本主義」か、「大きな政府」か「小さな政府」か)
第4章 階級の多様化と政治の分裂(階級分裂と軍ファシズム
挙国一致、デフレ脱却、国際的孤立)
第5章 「戦争」と「独裁」なき「平等」(日中戦争前の「平等」の軽視
「戦争」なしの「平等」)

出版社
商品紹介

戦前の民主主義が崩壊した最大の理由は、社会的平等への無関心にあった。近代史の碩学が階級という視点から描く明治・大正・昭和。

著者紹介

坂野 潤治 (バンノ ジュンジ)  
1937年、神奈川県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学社会科学研究所教授、千葉大学法経学部教授を経て、東京大学名誉教授。専攻は、日本近代政治史。著書に、『近代日本の国家構想』(岩波現代文庫、吉野作造賞受賞)、『日本憲政史』(角川源義賞受賞、東京大学出版会)、など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)