• 本

三つの革命 ドゥルーズ=ガタリの政治哲学

講談社選書メチエ 664

出版社名 講談社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-06-258667-2
4-06-258667-3
税込価格 2,160円
頁数・縦 347P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

『アンチ・オイディプス』(一九七二年)、『千のプラトー』(一九八〇年)、そして『哲学とは何か』(一九九一年)。哲学者ジル・ドゥルーズは、人々を震撼せしめた『差異と反復』と『意味の論理学』を経て、なぜ精神科医フェリックス・ガタリとの共同作業に取り組んだのか?ドゥルーズ=ガタリ名義で書かれた三部作に通底するテーマを精緻な分析と大胆な読解によって明らかにする。今こそ読み返すべき20世紀の古典!

目次

序論 三つの革命
第1部 『アンチ・オイディプス』(切断と主体集団の形成
プロレタリアによる階級闘争
分裂分析と新たな主観性/主体性の生産―ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』)
第2部 『千のプラトー』(リゾームと横断性
マイノリティによる公理闘争
エイハブの恥辱か、フェダラーの勇気か―ドゥルーズとフーコー)
第3部 『哲学とは何か』(マジョリティによる政治哲学
革命、熱狂、概念―フーコー「啓蒙とは何か」を読むドゥルーズ=ガタリ)
結論 分裂分析と私たち

おすすめコメント

ドゥルーズ=ガタリの主要三著作は、ただ一つの革命戦略を実現するための三つの戦術を提起している。前人未到の画期的論考!

著者紹介

佐藤 嘉幸 (サトウ ヨシユキ)  
1971年、京都府生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)取得。パリ第一〇大学大学院認識・文化研究科哲学専攻修了。博士(哲学)取得。現在、筑波大学人文社会科学研究科准教授。専門は、フランス現代思想、権力理論
廣瀬 純 (ヒロセ ジュン)  
1971年、東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻修士課程修了。パリ第三大学映画視聴覚研究科博士課程中退。現在、龍谷大学経営学部教授。専門は、映画論、現代思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)