• 本

「東洋」哲学の根本問題 あるいは井筒俊彦

講談社選書メチエ 668

出版社名 講談社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-06-258671-9
4-06-258671-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 279P 19cm

商品内容

要旨

東洋哲学とは何か。インド・中国・日本の思想を指しているのか。井筒俊彦は個別研究の枠を超え、中近東やロシア、東南アジアにも視野を広げた全東洋的思想の根底にある哲学をつかみ、拓いていく。「ある」という事態の最深層に仏教哲学の「アラヤ識」を見届け、「空」と「無」を巡ってイスラーム哲学から現代思想までもが渉猟される。言語哲学者、イスラーム哲学研究の権威・井筒が生涯をかけた「世界的な視野を具えた新たな哲学」はどの地点に到達したのか。その哲学的営為の総体を受け止め、更に先にある問題を見極める。

目次

序章 井筒「東洋」哲学
第1章 表層/深層(表層から深層へ
深層から表層へ
大地と理性―ロシア的人間)
第2章 空/無(「空」の徹底
空と無
砂漠と死―ジャック・デリダ)
第3章 “いま・ここで=現に”(「本質(マーヒーヤ)」と「存在(フウィーヤ)」
“いま・ここで=現に”
「入〓垂手(にってんすいしゅ)」)

おすすめコメント

哲学者・井筒俊彦が見極めた「東洋」哲学とは何か。端的な「ある」とは何か、またその先に披いている「無」を思考することとは?