• 本

歌麿『画本虫撰』『百千鳥狂歌合』『潮干のつと』

講談社選書メチエ 675

出版社名 講談社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-06-258678-8
4-06-258678-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 173P 19cm

商品内容

要旨

時は天明、十八世紀後半の江戸。習作に励んでいた喜多川歌麿は、この「狂歌絵本」三部作で名を揚げ、のち大首絵で人気を博し、美人画の大家への道を歩み出すことになる。唐衣橘洲・四方赤良・朱楽菅江らがブームを呼んだ天明狂歌、飛ぶ鳥を落とす勢いの出版プロデューサー・蔦屋重三郎、そこに寄寓し腕を磨く、将来を嘱望された天才絵師―。ここにあるのは才能たちの、幸せな出会いの結晶である。

目次

「狂歌絵本」について
『画本虫撰』
『百千鳥狂歌合』
『潮干のつと』
拡大ギャラリー
翻刻(『画本虫撰』
『百千鳥狂歌合』
『潮干のつと』)

おすすめコメント

喜多川歌麿の「狂歌絵本三部作」、『画本虫撰』『百千鳥狂歌合』『潮干のつと』を翻刻。のちの大家たちの、幸せな出会いの結晶。

著者紹介

菊池 庸介 (キクチ ヨウスケ)  
1971年、栃木県生まれ。静岡大学人文学部卒業。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得済退学。博士(日本語日本文学)。福岡教育大学教授。専門は日本近世文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)