• 本

親に壊された心の治し方 「育ちの傷」を癒やす方法がわかる本

こころライブラリー

出版社名 講談社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-06-259718-0
4-06-259718-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 215P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

どんな家に生まれようと、人は生まれ変われる―不適切な養育によってもたらされたトラウマ=「育ちの傷」は、必ず回復させられます。傷ついた心を癒やし人生を好転させる方法が、この本のなかにきっと見つかります。

目次

第1章 親に人生を壊された人たち(DVに遭いつづけるNさん
再婚相手はまたもDV夫 ほか)
第2章 何が「育ちの傷」を生み出すか(子がいても親になれない大人たち
家族に傷つけられる人の割合 ほか)
第3章 なぜ、うまく生きられないのか(やっと見つけた回復プログラム
自分の心がわからない ほか)
第4章 生き方はかならず変えられる(刑務所がえりのSさん
「やり直したい」を待つ ほか)
第5章 壊れた心を再生する(SEPの構成と進行
回復のためになにを学ぶべきか ほか)

おすすめコメント

トラウマを乗り越え、博士号まで取得した女性による書き下ろし。NHKなど各メディアでも話題となった、「親から受けた心の傷」を癒やす 確かな方法がここに! 親から不適切な養育(愛情の薄い子育て、厳しすぎる“しつけ”や、暴力、性的虐待なども含む)を受けて育つと、体が傷つくだけでなく、心にもトラウマが残ります。そのトラウマ(著者は「育ちの傷」と呼んでいます)は、まるで呪いのように、生涯にわたって被害者を苦しめ続け、社会生活を難しくします。著者もそのひとりで、●そもそも生きているのがつらい ●なぜか暴力的なパートナーを選んでしまう。●逆に、パートナーや自分の子どもを虐待してしまう ●感情が安定しない などの“症状”に苦しんできましたが、最初は我流で、後に大学院で心理学を研究、育ちの傷を癒やすプログラム「SEP(Self−Esteem Program:自尊感情回復プログラム)」を開発し、多くの人を支援してきました。SEPは認知行動療法などをベースとしたプログラムで、確実に効果が出ると科学的に証明されています。本書はそのプログラムを実践的なかたちで活字にした、初めての書籍です。

著者紹介

藤木 美奈子 (フジキ ミナコ)  
大阪市生まれ。一般社団法人WANA関西代表理事、元龍谷大学准教授。貧困家庭に生まれ、虐待やパートナーからのDVを経験する。女子刑務所刑務官、会社経営などを経て、2008年に大阪市立大学大学院で博士号(創造都市)を取得。現在は家族暴力の当事者を支援する独自の自尊感情回復プログラム「SEP」を、WANA関西(1995年創立)、児童相談所、福祉施設などで展開。さらに全国で講演や研修活動を行い、その支援活動歴は20年におよぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)