• 本

肺がん 完治をめざす最新治療ガイド イラスト版

健康ライブラリー

出版社名 講談社
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-06-259776-0
4-06-259776-4
税込価格 1,320円
頁数・縦 98P 21cm

商品内容

要旨

体への負担の少ない治療法が増えている。遺伝子検査、レーザー治療、粒子線治療…肺がんの検査や治療は、ここまで進化した!納得できる治療法を選ぶための決定版。

目次

1 早期発見すれば100%治る(肺がんの症状―早期は無症状。進行すると咳や胸痛が現れる
肺がんの原因と発生率―喫煙歴のある中高年男性に圧倒的に多い ほか)
2 検査と診断が治癒への第一歩(がんと診断されるまで―画像や細胞から、種類や病期を診断する
画像検査―CTで小さいがんを見つけられる ほか)
3 体に負担の少ない手術方法が増えた(集学的治療―複数の治療法を組み合わせて効果を高める
光線力学的治療法―がんをレーザーで殺す、比較的新しい治療法 ほか)
4 進歩している放射線療法、化学療法(手術以外の治療法―手術の補助や切除不能の場合に選択
放射線療法(方法―体の外からピンポイントで当てられる
期間・副作用―治療は三〜五週間。副作用に早く気づこう
最新治療―粒子線治療は高額になるが、より強力) ほか)
5 治療後は再発予防に務める(再発を防ぐ生活(五年が目標。定期的に通院してチェック
食事と運動、うがい、手洗いで感染症予防)
苦しさを和らげる―リハビリをし、必要なら治療を受ける ほか)

出版社
商品紹介

最も難しいとされてきた肺がんだが、「100%治る」というケースが増えてきた。完治するための最新情報を名医がわかりやすく解説。

著者紹介

加藤 治文 (カトウ ハルブミ)  
1942年生まれ。69年東京医科大学卒業。90年より東京医科大学外科学第一講座主任教授。2008年より国際医療福祉大学大学院教授、新座志木中央総合病院名誉院長、東京医科大学名誉教授。元国際肺癌学会会長。肺がんの診断・治療における権威として世界的に知られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)