• 本

「ぜんそく」のことがよくわかる本

健康ライブラリー イラスト版

出版社名 講談社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-06-259818-7
4-06-259818-3
税込価格 1,404円
頁数・縦 98P 21cm

商品内容

要旨

発作の前の小さなサインをキャッチして。症状がない時期こそしっかりケアを!治療を中断すると炎症が進み、発作をまねく。正しい治療の進め方と発作を防ぐ生活のコツ。ひと目でわかるイラスト図解。

目次

1 ぜんそくの正しい知識を得る(どんな病気か―空気の通り道に炎症が起こり、息苦しくなる
原因―アレルギー性と非アレルギー性がある ほか)
2 検査から重症度を診断する(問診―生活サイクルや症状をしっかり伝える
検査(1)―呼吸の状態からわかることは多い ほか)
3 治療は油断せずに続けていく(治療は二本柱―薬物療法と生活改善の両方が大事
治療方針―重症度に合わせて、治療のしかたを決める ほか)
4 薬でぜんそくをコントロールする(薬物療法の効果―ステロイド革命で死亡者数が激減した
薬の作用と注意点―予防薬と発作止めの薬の二種類がある ほか)
5 発作を起こさない生活のコツ(ぜんそく日誌―記録からみえてくることは多い
前ぶれを知る―発作の前の小さな変化をキャッチする ほか)

おすすめコメント

原因はアレルギーだけじゃない、疲れやストレスが引き金にも。大人でも発症するのか、治療は一生続くのか。正しい知識と対処法を詳説

著者紹介

松瀬 厚人 (マツセ ヒロト)  
東邦大学医療センター大橋病院教授。1964年生まれ。89年大分医科大学(現大分大学)卒業。長崎大学病院治験管理センター准教授。長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座呼吸器病態制御学分野准教授を経て、2014年より現職。専門は呼吸器内科、特にぜんそくなど呼吸器の病気の診断と治療。『喘息予防・管理ガイドライン2015』作成委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)