• 本

お面屋たまよし

YA!ENTERTAINMENT

出版社名 講談社
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-06-269461-2
4-06-269461-1
税込価格 1,045円
頁数・縦 252P 19cm
シリーズ名 お面屋たまよし

商品内容

要旨

妖面、なりたいすがたになれるというそのお面は、面作師の中でも、腕のいい者だけが、作れるのだという。妖面は、諸刃の剣。面をはずせなくなれば荒魂化し、人として生きていくことができなくなる。それでもなお、人々は、今日もお面屋を訪れる―。

出版社
商品紹介

妖面のうわさは、不思議なことに必要とする者の耳にだけ、届くのだという――。人であるゆえの喜怒哀楽を描いた戦国ファンタジー。

おすすめコメント

面作師のもとで修行する太良と甘楽。ふたりは面を売って、全国を渡りあるいている。面とはふつう、縁日で見かける、子どものおもちゃを差す。けれども、いにしえから続く面作師は、縁日で売りだす屋号とは別の、裏の屋号を持っているものなのだ。そして、裏の屋号では、妖面というものが売られているのだった。妖面は願いをかなえてくれる面。妖面をつければ、姿かたちを変えて、自分のなりたい人間になることができる。しかし、その代償は大きく、一歩間違えば、妖面に取りこまれてしまう。太良と甘楽は、危険なものと知りながら、光と闇のあいだで、妖面を売り歩いていくのだった。そうして、喜怒哀楽、人ゆえの苦しみを持った人びとに出会っていく。

著者紹介

石川 宏千花 (イシカワ ヒロチカ)  
『ユリエルとグレン』で、第48回講談社児童文学新人賞佳作、日本児童文学者協会新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)