• 本

お面屋たまよし 〔4〕

七重ノ祭

YA!ENTERTAINMENT

出版社名 講談社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-06-269498-8
4-06-269498-0
税込価格 1,026円
頁数・縦 211P 19cm
シリーズ名 お面屋たまよし

商品内容

要旨

炎上する城から脱出し、約束の地・百蜂ヶ岳を目指す藍姫と七人の従者たち。追われる身の彼らが、面作師見習いの太良と甘楽と出会うとき、新たな希望と絶望が訪れる。自分以外の誰かになれる特別な面、妖面がつむぎだす奇妙な縁を描いた、時代ファンタジー第4弾!

おすすめコメント

妖面、なりたいすがたになれるというそのお面は、面作師の中でも、腕のいい者だけが、作れるのだという。妖面は、諸刃の剣。面をはずせなくなれば荒魂化し、人として生きていくことができなくなる。それでもなお、人々は、今日もお面屋を訪れる――。『他人のふり』……唯一の血縁である父とそりが合わず、十年前に家を出た六助は、久しぶりに会った幼なじみに、父がそう長くはないと告げられ……。『小天狗たちの争いごと』……太良と甘楽の偵察係を外されそうになった小天狗の迅雷は、ほかの候補者と競い合い、勝ち抜かなければならなくなって……。『七人の従者たち』……同盟相手に裏切られ、領主である父と母、そしてこれまでの生活の全てを失った藍姫は、たった七人残った従者とともに、庇護を願って百蜂ヶ岳を目指す。自分以外の誰かになれる特別な面、妖面がつむぎだす奇妙な縁を描いた、時代ファンタジー第4弾!

著者紹介

石川 宏千花 (イシカワ ヒロチカ)  
『ユリエルとグレン』で、第48回講談社児童文学新人賞佳作、日本児童文学者協会新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)