• 本

日本料理の真髄

講談社+α新書 312−1B

出版社名 講談社
出版年月 2006年8月
ISBNコード 978-4-06-272392-3
4-06-272392-1
税込価格 922円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

日本料理の最高権威が明かす!世界一繊細な舌を持つ日本人よ、自国の料理に誇りを持て!日本中の「食」のプロたち必読の一冊。

目次

第1章 日本料理とは
第2章 さしみは日本料理のメインディッシュ
第3章 酒を飲む料理と飯を食う料理
第5章 陰陽五行説と有職故実
第5章 精進料理
第6章 板前さんの話
第7章 関東料理と関西料理
第8章 江戸前料理

出版社・メーカーコメント

鬼平犯科帳の料理指導者が綴る最後の遺書 さしみはなぜ奇数で盛る?和食と日本料理はどう違う?世界一の舌を持つ日本人だからこそ今知っておきたい自国の料理文化の基本知識144。必携!著者渾身の一作

著者紹介

阿部 孤柳 (アベ コリュウ)  
1925年、東京都に生まれる。日本大学芸術学部卒業。料理家。全国日本調理技能士会連合会師範会最高顧問。社団法人日本全職業調理士協会理事。株式会社ジャパンアート社代表取締役社長。日本料理に関する講演や、調理技術書を多数執筆するかたわら、池波正太郎原作のテレビドラマ「鬼平犯科帳」の料理指導を長年務める。日本料理の歴史を系統だてて語れる数少ない語り部である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)