• 本

病を治す哲学 伝説的医書『黄帝内経』の驚異

講談社+α新書 459−1B

出版社名 講談社
出版年月 2009年5月
ISBNコード 978-4-06-272579-8
4-06-272579-7
税込価格 922円
頁数・縦 188P 18cm

商品内容

要旨

世界的気功家14人の一人が説く「生命の真髄」。癌・糖尿病の原因は2600年前に解明されていた!気功的観点から明かす「健康で寿命をまっとうするための」生き方と養生法。

目次

第1章 身体を「哲学」で考える書の存在
第2章 古代中国の自然観と人間観
第3章 病気とは「気を病む」こと
第4章 内臓と感情はつながっている
第5章 哲学で治す病
第6章 現代に合った養生
第7章 臓器別の健康法
巻末 五行の分類

おすすめコメント

身体、病気を根本から見直す健康案内読本鍼、漢方、気功など、中国医学と呼ばれる手法のもとになった黄帝内経を紐解いて、シンプルに「質の高い健康」を手に入れる方法。現代にもっとも合った医療とは?

出版社・メーカーコメント

身体、病気を根本から見直す健康案内読本 鍼、漢方、気功など、中国医学と呼ばれる手法のもとになった黄帝内経を紐解いて、シンプルに「質の高い健康」を手に入れる方法。現代にもっとも合った医療とは?

著者紹介

青島 大明 (アオシマ ダイメイ)  
1960年、北京に生まれる(旧姓・隋)。世界医学気功学会特邀気功専家。幼少の頃から八卦掌・太極拳などの家伝の健康法を学び、賈永斌大師や楊梅君大師、黄茂祥大師など著名な気功師との出会いにより才能を見出され気功の能力を開発、1976年から気功施術を始める。世界医学気功学会が認めた14名の一人としてさまざまな難病を研究・施術している。1982年来日、高知大学人文学部経済学科を卒業後、1990年に横浜大明気功会を主宰。2006年に世界医学気功学会の常務理事および副秘書長に着任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)