• 本

一冊でつかめる!中国近現代史 人民と権力と腐敗の170年激動の記録

講談社+α新書 487−1C

出版社名 講談社
出版年月 2009年10月
ISBNコード 978-4-06-272611-5
4-06-272611-4
税込価格 1,026円
頁数・縦 309P 18cm

商品内容

要旨

文化大革命の被害者が日本語で綴ったアヘン戦争から続く「悲痛の母国史」。

目次

近代の幕開き―朝貢しか知らない老帝国と対等を求める西欧諸国の出会い
アヘン戦争―弱体を見破られる!不平等条約をたてに列強の餌食に
太平天国の乱―末期の清を揺るがせた“初の農民革命”は、急速に腐敗する
アロー号戦争―アヘン合法化と国土の広範な割譲に“洋務運動”が起こる
日清戦争―軍備を整え急成長する日本。宮廷内権力争いで力を失う清
清王朝の滅亡―ついに辛亥革命が起こり、孫文は「中華民国」の成立を宣言
中華民国と中国共産党―袁世凱独裁、軍閥の混迷の中、中国共産党が誕生する
抗日戦争―一九四五年まで八年に及ぶ日本の侵略。国共互いの戦いも続く
国共内戦―農民の支持を得た共産党。国民党・蒋介石は台湾へ
新中国―毛沢東の失政と独裁への野望が生んだ二〇〇〇万人の餓死者
文化大革命―毛沢東に踊らされる紅衛兵・国土に吹き荒れた粛清の嵐
改革開放―経済発展と保守化のジレンマが「天安門事件」を生む

出版社・メーカーコメント

中国人筆者だから書けた!慟哭の祖国史!文革で将来を閉ざされ、地下で活動した著者が卓越した日本語で書く、痛恨の中国史。「この犠牲はなんのためだったのか!」涙なくして読めない隣国の170年!

著者紹介

荘 魯迅 (ソウ ロジン)  
1956年、中国・上海市に生まれる。文化大革命で芸術家の両親は拘束され、高名な手芸家の祖母に育てられるが祖母も紅衛兵に激しい暴力を受ける。出身差別のため故国では大学進学をはばまれ肉体労働に従事。文革後の’80年、シンガーソングライターとして脚光を浴び「吟遊詩人」と呼ばれ全国を回る。学問への情熱やみがたく、’88年日本留学。東洋大学文学部を卒業し、同大学大学院を修了。修士論文は「森鴎外論」。現在、和光大学講師(非常勤)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)