• 本

東日本大震災に遭って知った、日本人に生まれて良かった

講談社+α新書 567−2C

出版社名 講談社
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-06-272748-8
4-06-272748-X
税込価格 964円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

世界67ヵ国東北地方からハイチまで世界中を徹底取材。世界から日本が賞賛される本当の理由とは!?―。

目次

第1章 新幹線で遭遇した大震災(新幹線ホテルの夜
車内の食料調達 ほか)
第2章 被災地・吉里吉里の不思議(三五年ぶりに再会したわけ
エチオピア人にだまされた日本人 ほか)
第3章 被災者たちが体験したこと(若い人がますます地元を好きに
町ごとにある自治会がリードして ほか)
第4章 ハイチ大震災に遭った人々の悲劇(自衛隊朝霞駐屯地で
自衛官になる日本人の理由 ほか)
第5章 ハイチで闘う日本人(ハイチの自衛隊員たちの矜持
貧民街での撃ち合いとレイプ ほか)
終章 被災地アメリカ(異様な九・一一の一〇周年式典
日本が選択肢の少ない社会ゆえに ほか)

出版社・メーカーコメント

海外メディアはこぞって日本人の被災者の対応を賞賛した。米紙「ウォールストリート・ジャーナル」は「不屈の日本」と題した社説で、「その被害にもかかわらず、人口1億2600万人の島国が大地震に適切に対応している」と評価。中国紙「新京報」は、「被災者が大声で言い争うことなく秩序よく並び、弱者優先で助け合っている」と紹介。そして、「フクシマ50」――福島第一原発の事故直後、現場に残り、命がけで復旧に当たった50人の作業員に対し、欧米などのメディアが与えた尊称だ。さらに、自衛隊、警察、消防を代表する「フクシマの英雄」五人が、人類に貢献したとして、スペインで「アストゥリアス皇太子賞」を受賞した。

著者紹介

吉岡 逸夫 (ヨシオカ イツオ)  
1952年、愛媛県に生まれる。東京新聞編集委員。米コロンビア大学大学院ジャーナリズム科修了。青年海外協力隊員としてエチオピアのテレビ局と難民救済委員会で勤務したあと、世界67ヵ国を取材。特に、ベルリンの壁崩壊後の東欧、湾岸戦争、カンボジア内戦、アフガニスタン紛争、イラク戦争、自衛隊PKOなどの取材を精力的にこなす。1993年・94年に東京写真記者協会賞を受賞。著書には、開高健賞奨励賞を受賞した『漂泊のルワンダ』(牧野出版)、などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)