• 本

偽りの保守・安倍晋三の正体

講談社+α新書 733−1C

出版社名 講談社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-06-272940-6
4-06-272940-7
税込価格 880円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

“保守本流”を追い続ける政治記者と自民党と対峙し続ける“市民派”論客が宣告!支配と排除の安倍政治はニセモノだ!

目次

第1章 安倍政権のメディア支配
第2章 自民党と創価学会
第3章 保守の平和外交―園田直と保利茂、受け継がれざる精神
第4章 安全保障は「保守の知恵」が可能にする
第5章 田中角栄とアメリカ―戦後保守の対米政策
第6章 実利の保守・吉田茂と多角形の戦略
第7章 派閥と利権は絶対悪なのか?
第8章 「安倍独裁」の正体

おすすめコメント

吉田茂を源とする自民党主流の政治を追い続けてきた、毎日新聞を代表するW保守本流W政治記者・岸井と、保守と対峙し続けてきたW市民派W論客・佐高が、「本物の保守」とは何かを語り、安倍晋三とその取り巻きたちの虚妄を鋭く衝く!

著者紹介

岸井 成格 (キシイ シゲタダ)  
1944年、東京都に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業。1967年に毎日新聞社に入社。熊本支局、政治部、ワシントン特派員を経て、論説委員、政治部長、編集局次長、論説委員長、特別編集委員、主筆を歴任する。現在、毎日新聞特別編集委員。2013年から2016年まで、テレビニュース番組「NEWS23」(TBS系)でアンカーを務めた
佐高 信 (サタカ マコト)  
1945年、山形県酒田市に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業。高校教師、経済雑誌編集者を経て、現在は、評論家、「週刊金曜日」編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)