• 本

百寺巡礼 第7巻

東北

出版社名 講談社
出版年月 2004年12月
ISBNコード 978-4-06-274076-0
4-06-274076-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 254P 20cm
シリーズ名 百寺巡礼

商品内容

要旨

最北の霊山に、みちのくの黄金卿に、夢幻のごとく、かの名刹は立つ。原日本の古層に通底する十寺巡礼。

目次

第61番 山寺
第62番 中尊寺
第63番 毛越寺
第64番 黒石寺
第65番 瑞巌寺
第66番 勝常寺
第67番 白水阿弥陀堂
第68番 本山慈恩寺
第69番 長勝寺
第70番 恐山

出版社
商品紹介

芭蕉が「閑さや岩にしみ入る〓の声」と詠んだ鎮魂の祈りに満ちた立石寺から、藤原三代がその全てを注ぎ込み作り上げた黄金に輝く金色堂を持つ中尊寺まで。

出版社・メーカーコメント

立石寺から中尊寺まで東北の名刹10ヵ寺。芭蕉が「閑さや岩にしみ入る の声」と詠んだ鎮魂の祈りに満ちた立石寺から、藤原三代がその全てを注ぎ込み作り上げた黄金に輝く金色堂を持つ中尊寺まで。

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  
1932年9月福岡県に生まれる。生後まもなく朝鮮に渡り47年に引き揚げたのち、早稲田大学文学部露文科に学ぶ。その後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどをへて、66年『さらばモスクワ愚連隊』で第6回小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、76年『青春の門 筑豊編』ほかで第10回吉川英治文学賞受賞。81年より一時休筆して京都の龍谷大学に学び、のち文壇に復帰。小説のみならず、音楽、美術、歴史、仏教など多岐にわたる文明批評的活動が注目されている。また、『日本人のこころ』シリーズなどにより第50回菊池寛賞を受賞、英文版『TARIKI』はアメリカで2002年のブック・オブ・ザ・イヤー(スピリチュアル部門)に選ばれ、さらに2004年、第38回仏教伝道文化賞を授与された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)