• 本

銀行狐

講談社文庫

出版社名 講談社
出版年月 2004年8月
ISBNコード 978-4-06-274848-3
4-06-274848-7
税込価格 649円
頁数・縦 321P 15cm

商品内容

要旨

狐と署名された脅迫状が、帝都銀行頭取宛に届けられた。「あほどもへ てんちゅー くだす」。具体的な要求はないが、顧客情報漏洩、系列生保社員の襲撃と犯行はエスカレートする。狐の真意と正体は?(「銀行狐」)。元銀行マンの江戸川乱歩賞作家ならではの緻密でスリリングな表題作ほか、5編収録の短編集。

出版社・メーカーコメント

陰湿な犯人たちが蠢く銀行ミステリーの傑作妖しい事件が封印され続ける銀行。犯人が行内を自在に歩き回る謎の脅迫事件、そして窓口から定期的に現金が消えていく・・・・・・。乱歩賞作家の痛快作品集。

著者紹介

池井戸 潤 (イケイド ジュン)  
1963年、岐阜県生まれ。慶応義塾大学文学部・法学部法律学科卒。1988年、三菱銀行(当時)に入行。1995年、同行を退職。コンサルタント業のほか、ビジネス書の執筆を手がける。1998年、『果つる底なき』(講談社文庫)で第44回江戸川乱歩賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)