• 本

QED〜ventus〜熊野の残照

講談社文庫 た88−16

出版社名 講談社
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-06-276171-0
4-06-276171-8
税込価格 734円
頁数・縦 361P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

人には言えないある理由から、故郷・熊野を捨てた26歳の薬剤師・神山禮子。何かに衝き動かされるように参加した熊野旅行で、彼女は…。後鳥羽上皇たちは、なぜ苦行の熊野詣でを繰り返したのか?牛王宝印にかけられた呪と、八咫烏の正体とは?崇が神話の本質を暴くとき、禮子の真実が溶け出していく。

出版社・メーカーコメント

紀伊・熊野を舞台にした、旅する「QED」黄泉の国との謂れもある熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)。八咫烏の正体と、熊野の神々が孕む深遠な謎を、桑原崇が解き明かす!

著者紹介

高田 崇史 (タカダ タカフミ)  
昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)