• 本

子どものための哲学対話

講談社文庫 な80−1

出版社名 講談社
出版年月 2009年8月
ISBNコード 978-4-06-276448-3
4-06-276448-2
税込価格 454円
頁数・縦 147P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

学校なんか行かなくたっていい。うそをついてもいい。クジラは魚だ。地球は丸くない。…ぼくの家の猫のペネトレは、そんな普通じゃないことばかり言う。でも考えてみると、ペネトレの言うことの方が正しいんじゃないかって気がしてくる…。子どもも大人も考え方が変わる、ペネトレとぼくの40の対話。

目次

序章
第1章 人間は遊ぶために生きている!(人間はなんのために生きているのか?
ネクラとネアカ―生まれのよさ
善と悪を決めるもの ほか)
第2章 友だちはいらない!(元気が出ないとき、どうしたらいいか?
原因がわかると感情は消える?
「強さ」について ほか)
第3章 地球は丸くない!(ニンゲンのココロ
青い鳥はいつ青くなったのか?
物は見えるからあるのか、あるから見えるのか? ほか)
終章
きみもやってみよう!哲学ごっこ

出版社・メーカーコメント

10年以上版を重ねる名著が文庫版で登場 ぼくはなぜ生まれてきたの?どうして勉強をしなくちゃいけないの?うそをついてもいい?死んだらどうなる?猫のペネトレとぼくが40の疑問を考える。

著者紹介

永井 均 (ナガイ ヒトシ)  
1951年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得。専攻は哲学・倫理学。千葉大学教授などを経て、日本大学文理学部哲学科教授
内田 かずひろ (ウチダ カズヒロ)  
1964年福岡県生まれ。’90年『シロと歩けば』(竹書房)でマンガ家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)