• 本

晩鐘 泣きの銀次 続

講談社文庫 う44−7

出版社名 講談社
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-06-276795-8
4-06-276795-3
税込価格 770円
頁数・縦 357P 15cm

商品内容

要旨

十手と鑑札を返上し、岡っ引きから足を洗って十年。「泣きの銀次」も来年には不惑を迎えようとしていた。小間物問屋の主として細々と暮らしていたある日、銀次は監禁されていた娘を助ける。実は近頃、娘のかどわかしが頻発しているという。「下手人を捕らえるため手を貸して欲しい」と言われた銀次は―。

おすすめコメント

「あの男を捕まえられるのは、親分しかいないと思います」十手を返上、岡っ引きから足を洗って10年。「泣きの銀次」が江戸の町を再び走り回る!十手と鑑札を返上し、岡っ引きから足を洗って10年。「泣きの銀次」も来年には不惑を迎えようとしていた。小間物問屋の主(あるじ)として細々と暮らしていたある日、銀次は監禁されていた娘を助ける。実は近頃、娘のかどわかしが頻発しているという。「下手人を捕らえるため手を貸して欲しい」と言われた銀次は――。

著者紹介

宇江佐 真理 (ウエザ マリ)  
1949年函館生まれ。函館大谷女子短大卒。1995年、「幻の声」で第75回オール讀物新人賞を受賞。2000年、『深川恋物語』(集英社文庫)で吉川英治文学新人賞受賞。2001年、『余寒の雪』(文春文庫)で中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)