• 本

幻想日記店

講談社文庫 ほ39−3

出版社名 講談社
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-06-277699-8
4-06-277699-5
税込価格 671円
頁数・縦 330P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 幻想シリーズ3作目。シリーズとはいえ2作目同様独立しているので前作を読んでいなくても大丈夫。ただ今回は登天さんや鬼塚さんが出てくるので「郵便局」を読んでいたら一層愉しめます。年齢不詳の美女・猩子さんが営む日記堂。そこで何故かバイトすることになった友哉。シリーズ最大のファンタジー、青春ありホラーありミステリありの幻想小説。「xxxHoLic」と相通じるものを今回は感じました。

    (2014年2月13日)

商品内容

要旨

謎の美女、猩子が営む日記堂。山奥に佇むこの店では、人に読ませる目的で書いたのではない「本当の日記」を売っている。日記は悩みと希望の生の記録。人生の道しるべとなり、お客の悩みを救う。なぜかタダ働きすることになった大学生・友哉は「日記堂」のとんでもない秘密を知ることに―。人気シリーズ第三弾!

出版社・メーカーコメント

あなただけにぴったりの、「日記」をお売りします――日記とは悩みと希望の記録。同じ悩みを持つ人の、生きる道しるべとなりましょう。大学一年生の友哉が雑木林の茶畑で出会った謎の美女、猩子。彼女が営んでいるのは、「あなたにぴったりの日記が見つかる」日記堂というお店。猩子の私有地でお茶を摘んでいたことを咎められて、友哉は日記堂で働くことになる。脱医師をした父の新しい人生、秘かに恋している同級生、そして日記堂の周辺にいるなんとも不思議で特徴的な人々……。働いているうちに、友哉は猩子が日記堂を開いている理由は、「ある日記」を探し続けているからだと聞かされる。「ある日記」とは何か? そしてその日記を探さなければならない理由は? そんな時に世間をにぎわせている「怪盗花泥棒」の盗難予告が、なぜか友哉のもとへと届けられる。2012年夏に刊行した単行本『日記堂ファンタジー』の裏に隠されていた真相を明らかにして大改稿。生と死のはざまに建つ「幻想郵便局」の面々はもちろん健在。 これ一冊で楽しめることはもちろん、『幻想映画館』『幻想映画館』をお読みになった方には、あの人が実は誰もが知るあの人だったなんて! 等々の新たな発見も盛りだくさん。ほんのり怖いホラーファンタジーであり、ミステリーであり、恋愛小説であり、まさかのアクションまで!?人の生死はもちろん、人が残す「言葉」についても優しく教えてくれる物語。

著者紹介

堀川 アサコ (ホリカワ アサコ)  
1964年、青森県生まれ。2006年『闇鏡』で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)