• 本

双極性障害〈躁うつ病〉の人の気持ちを考える本 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる

こころライブラリー イラスト版

出版社名 講談社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-06-278970-7
4-06-278970-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 98P 21cm

商品内容

要旨

うつでは生きているのもつらくなり、躁では気持が高ぶる双極性障害。発病の戸惑いとショック、将来への不安や迷い、そして、家族への思い…イラストで考える本人の苦しみと感情の動き。

目次

1 発病の戸惑いと診断のショック(原因―「発病には原因があると思ってました」
原因―発病の原因は遺伝?ストレス? ほか)
2 気分のコントロールができない(躁状態―万能感に満ちあふれる
躁状態―落ち着かず、わけもなくイライラする ほか)
3 病気を理解し、治療法を知る(抵抗感―双極性障害になった自分という存在
受容―病気を受け入れていこうと覚悟する ほか)
4 社会生活をスムーズに送りたい(今後の人生―結婚、出産…将来への不安や心配も
偏見―カミングアウトへの迷いと覚悟 ほか)
5 人間関係の大切さに気づいた(症例―警察ざた、離婚騒動…家族も周囲の人も苦労の連続
本人から家族へ―おかしいと思ったら言ってほしい ほか)

著者紹介

加藤 忠史 (カトウ タダフミ)  
1963年、東京生まれ。東京大学医学部卒。滋賀医科大学精神医学講座助手、東京大学医学部附属病院講師を経て、理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チームシニア・チームリーダー。主に双極性障害を専門とし、ミトコンドリア遺伝子と双極性障害との関連など、国内外に研究成果を発信している。双極性障害の患者さんでつくるNPO法人ノーチラス会の顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)