• 本

パニック症〈パニック障害〉の人の気持ちを考える本 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる

こころライブラリー イラスト版

出版社名 講談社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-06-278974-5
4-06-278974-4
税込価格 1,404円
頁数・縦 98P 21cm

商品内容

要旨

いきなりやってくる「死」の恐怖。不安が不安を呼び、パニック発作をくり返す。この苦しみはいつまで続くのか?周囲に理解されないつらさと心の悲鳴をイラスト図解。

目次

1 突然、強烈な不安に襲われた(パニック発作―心臓が止まって死ぬかもしれない
パニック発作―このまま気がおかしくなりそう ほか)
2 病気になったのは自分のせいかと悩む(原因―原因は性格?それとも育て方?
解説―性格ではなく、体質と環境が主な要因 ほか)
3 徐々に憂うつな気分が強くなっていく(抑うつ―気分が落ち込む日が多くなってくる
抑うつ―常に憂うつだが好きなことならできる ほか)
4 治すのではなくコントロールしていこう(経過―なかなか治らなくて焦ってくる
残遺症状―発作がなくなっても不調が残っている ほか)

出版社
商品紹介

病気の根底にある死の恐怖から逃れるには?患者さんの気持ちに寄り添いながら、本人にしかわからない苦しみやつらさを解き明かす。

出版社・メーカーコメント

病気の根底にある死の恐怖から逃れるには? 患者さんの気持ちに寄り添いながら、本人にしかわからない苦しみやつらさを解き明かす。

著者紹介

貝谷 久宣 (カイヤ ヒサノブ)  
1943年、名古屋市生まれ。医療法人和楽会理事長。名古屋市立大学医学部卒。ミュンヘンのマックス・プランク精神医学研究所に留学。岐阜大学医学部助教授、自衛隊中央病院神経科部長をへて、93年、なごやメンタルクリニック開院。97年、赤坂クリニック理事長となる。医学博士。パニック症、不安症群の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)