• 本

西太后秘録 近代中国の創始者 上

講談社+α文庫 G280−5

出版社名 講談社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-06-281661-8
4-06-281661-X
税込価格 1,080円
頁数・縦 381P 15cm
シリーズ名 西太后秘録

商品内容

要旨

官僚の家に生まれ、父の失脚後は長女として一家を支えた慈禧。16歳で清朝第9代皇帝の咸豊帝の側室となり、やがて幼い息子が帝位を継ぐと、後見として政治家の頭角を現していく。しかし、息子は若くして病のために崩御してしまう。妹の子供を養子に迎えた慈禧は、光緒帝となったその息子の後見として返り咲き、宮廷内の政治に手腕を発揮する。革新派の上級官僚の李鴻章や曾国藩らを重用し、ヨーロッパ技術を取り入れて近代化に邁進する慈禧を、やがて日清戦争での致命的な敗北が襲う!政変への命がけの画策、宦官との恋…。誰もなしえなかった長期的な統治の秘密を、膨大な記録をもとに明らかにする!

目次

第1部 嵐の時代の妃(一八三五〜一八六一年)(皇帝の側室(一八三五〜一八五六年)
アヘン戦争から円明園炎上まで(一八三九〜一八六〇年) ほか)
第2部 垂簾聴政(一八六一〜一八七五年)(近代化への長い道のりの第一歩(一八六一〜一八六九年)
西欧への初渡航(一八六一〜一八七一年) ほか)
第3部 養子を通しての支配(一八七五〜一八八九年)(皇帝にされた三歳の子(一八七五年)
加速する近代化(一八七五〜一八八九年) ほか)
第4部 光緒帝、跡を継ぐ(一八八九〜一八九八年)(遠ざけられた光緒帝(一八七五〜一八九四年)
頤和園(一八八六〜一八九四年) ほか)

著者紹介

ユン チアン (ユン チアン)  
1952年、中華人民共和国四川省生まれ。文化大革命が吹き荒れた1960年代、14歳で紅衛兵を経験後、農村に下放されて農民として働く。以後は「はだしの医者」、鋳造工、電気工を経て四川大学英文科の学生となり、苦学ののちに講師となる。1978年にイギリスへ留学、ヨーク大学から奨学金を得て勉強を続け、1982年に言語学の博士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)