• 本

腐った翼 JAL65年の浮沈

講談社+α文庫 G213−4

出版社名 講談社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-06-281671-7
4-06-281671-7
税込価格 972円
頁数・縦 425P 15cm

商品内容

要旨

国に守られ、政治家と癒着し、甘い汁を吸って世界に大きく羽ばたいた“国策”企業の内実は、デタラメ経営そのものだった。御巣鷹山事故が起きても手は打たれず、社員は派閥闘争に専心し、経営陣は巨額赤字をひた隠す。乗客もJALから離れ、2010年1月、とうとう2兆3000億円もの負債を抱えて倒産した。その破産処理には、もちろん国民の血税が投入されている。潰れて、当然。潰して、当然。59年間にわたる堕落ぶりを描いた、組織と人間のドキュメント!

目次

第1章 米航空支配からの脱却
第2章 伊藤淳二の罪
第3章 封印された簿外債務
第4章 JALと自民党
第5章 クーデター
第6章 不発に終わった決起
第7章 最後の転機
第8章 庶民派社長の限界
第9章 倒産
第10章 翼は腐っていた

おすすめコメント

国に守られ、政治家と癒着し、甘い汁を吸って世界に大きく羽ばたいた“国策”企業。その内実は、親方日の丸体質が染み付いた、危機感欠如のデタラメ経営そのもの。25年前の御巣鷹山事故が、内部に溜まった腐敗を一掃する絶好のチャンスだったが、なにひとつ手は打たれなかった。高給をヌクヌクと享受する社員は派閥抗争を繰り返し、保身に走る経営陣は為替取引で失敗し、抱え込んだ巨額赤字をひた隠す。度重なる運航トラブルで乗客のJAL離れが進み、2010年1月、とうとう2兆3000億円もの負債を抱えて倒産した。59年間にわたる堕落ぶりを描いた、組織と人間のドキュメント!

著者紹介

森 功 (モリ イサオ)  
1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、ノンフィクション作家に。2008年、2009年と2年連続で「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)