• 本

貧乏大名“やりくり”物語 たった五千石!名門・喜連川藩の奮闘

講談社+α文庫 E58−1

出版社名 講談社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-06-281687-8
4-06-281687-3
税込価格 638円
頁数・縦 178P 15cm

商品内容

要旨

足利将軍家末裔にして、名目上は徳川将軍の臣下ではなく客分。でも、家柄は高くても、石高は泣いても笑っても、たった五千石…。大大名ですら経営苦にあえいでいた江戸時代、喜連川藩の財政はいつも火の車だった。それでも、領地を愛し、領民を慈しみ(増税はするけれど)、誇り高き代々の当主「御所さま」は、おの手この手で金を稼ぎ、藩を見事明治まで長らえさせた。その汗と涙の“やりくり”奮闘記!

目次

第1章 百万石から一万石まで、大名家のやりくり算段(大大名の貧乏暮らし
奮闘する小大名)
第2章 五千石でも十万石「格」大名、喜連川氏の正体(百万石と張り合う五千石
喜連川藩を成立させた「美貌の城主夫人」
だから、「御所さま」)
第3章 御所さまのやりくり算段(宿場が基幹産業
御所さまのやりくり
加増の機会が来た!
御所さまの共産主義
領民の暮らしと宿場を守る御所さま
全ては領民のために
頼みは養子の持参金
嵐の中で)

おすすめコメント

家柄は抜群、百万石並の高待遇。でも、石高はたった五千石、藩財政は火の車。そんな弱小藩が明治まで生きのびた!汗と涙の物語

著者紹介

山下 昌也 (ヤマシタ マサヤ)  
高知県生まれ。中央大学商学部卒業。歴史ライター。史料を渉猟し、歴史に埋もれた人物や逸話に光を当てる読み物を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)