• 本

神々にえこひいきされた男たち

講談社+α文庫 D81−2

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-281718-9
4-06-281718-7
税込価格 1,058円
頁数・縦 487P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

エッセイスト、そして「サロン・ド・シマジ」バーマンである著者の人気メルマガ「週刊SUPER Shimaji‐Holic」が書籍化!テーマは女、食、酒、仕事、本、映画について。そして神々にえこひいきされ、去っていった男たちに墓碑銘を。どこから読んでも楽しめるエッセイ集。

目次

第1章 男と女は誤解して愛し合い、理解して別れる。
第2章 毒蛇は決して急がない。
第3章 飯は一人で喰うより二人で食べる方が美味い。
第4章 人生は恐ろしい冗談の連続である。
第5章 知る悲しみは知らない悲しみより上質な悲しみである。
第6章 元気こそが正義である。
第7章 ロマンティックな浪費から文化は生まれる。

おすすめコメント

鈴木京香さん推薦! 「伊達男たちのグルーミングタイムを覗いた気分です。美酒、美食、葉巻、音楽、そしてウィットに富んだ会話…濃密な時間を無邪気に愉しむ姿に女は嫉妬するんですね」 「この歳まで生きてきて少しわかったことがある。それは『人生は運と縁とセン スである』ということだ。人生は真にままならないものではあるが、運と縁とセン スに恵まれていれば、仕事も遊びも恋情も友情も何とかなるのではないだろうか」 エッセイスト、そして「サロン・ド・シマジ」バーマンである著者の人気メルマガ「週刊 SUPER Shimaji−Holic」が書籍化! テーマは女、食、酒、仕事、本、映画について。そして神々にえこひいきされ、去っていった男たちに墓碑銘を。どこから読んでも楽しめるエッセイ集。

著者紹介

島地 勝彦 (シマジ カツヒコ)  
1941年東京生まれ。エッセイスト。「週刊プレイボーイ」「PLAYBOY日本版」の編集長として、数々のヒット企画、連載を手掛けた。伊勢丹メンズ館でシガーバーを併設したセレクトショップ「サロン・ド・シマジ」のプロデューサー・バーマンでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)