• 本

国家破産はこわくない

講談社+α文庫 G98−7

出版社名 講談社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-06-281736-3
4-06-281736-5
税込価格 907円
頁数・縦 253P 15cm

商品内容

要旨

社会保険料のほうが税金より高くなり、サラリーマンの手取り収入は減り続けている。サービス削減と負担の急増、そして「国家破産」へ。避けられないその運命は、日本の人口動態を見ればわかる「言ってはいけない真実」だ。だが、「その時」は突然にはやってこない。人気作家・橘玲が、3つのシナリオを示しながら経済的リスクを奇跡に変える方法をあなただけにそっと教える!

目次

まえがき 「高金利・円安・高インフレ」のアナザーワールドにようこそ
第1部 序(“近未来小説”日本人を待っていた浅い眠り
最悪のなかの最善を探せ)
第2部 破(普通預金は最強の金融商品
たった3つの金融商品で「国家破産」はこわくない)
第3部 急(財政破綻時の資産運用戦略
経済的リスクを“奇跡”に変える)
あとがき 海外投資はしなくてもいい

著者紹介

橘 玲 (タチバナ アキラ)  
作家。1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎)でデビュー。「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラー、『言ってはいけない残酷すぎる真実』(新潮新書)が45万部を超え、新書大賞2017に。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)