• 本

学ぶとはどういうことか

出版社名 講談社
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-06-282120-9
4-06-282120-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 212P 19cm

商品内容

要旨

「学ぶ」とは人生を何度も生きるために「学び続ける」ことである。現代の碩学が大学生から勉強し直し世代にまで贈る「知のアリーナ」への招待状。

目次

第1章 東日本大震災と「学ぶ」ということ―「想定」の呪縛
第2章 『学問のすゝめ』から「学び」を読み解く―「学び」の歴史的定式化
第3章 変革の武器としての「学び」―「変えられないもの」を「作り変えられるもの」に
第4章 「学び」の四段階―「勉強」で到達できないもの
第5章 何を「学ぶ」のか―学ぶ人のあり方
第6章 「学ぶ」ことの可能性と限界をめぐって―真の「学び」は「可能性の束」として現実にこだわること
第7章 専門性と「学ぶ」こと―プロフェッショナルの魂を求めて
第8章 政治にみる「学び」の姿―「学ぶ」ことに終わりはあるか?

出版社
商品紹介

「勉強」だけで満足できるのか?現代の碩学が大学生から勉強し直し世代にまで送る「知のアリーナ」への招待状。

おすすめコメント

「勉強」だけで満足できますか?現代の碩学が大学生から勉強し直し世代にまで送る「知のアリーナ」への招待状。

著者紹介

佐々木 毅 (ササキ タケシ)  
1942年生まれ。今も旺盛な評論活動を続ける政治思想史の重鎮。1965年東京大学法学部卒業後、法学部助手、助教授を経て1978年に教授。2001年に第二七代東京大学総長、2005年に退任し、学習院大学法学部教授、東京大学名誉教授、日本学士院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)