• 本

裸でも生きる 2

Keep Walking私は歩き続ける

講談社BIZ

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-282123-0
4-06-282123-0
税込価格 1,440円
頁数・縦 238P 19cm
シリーズ名 裸でも生きる

商品内容

要旨

小学校でイジメにあい、中学校になって非行に走り、偏差値40の高校から3ヵ月で慶應大学合格。途上国の貧困を救うためバングラデシュで起業。そしてエリコの次の挑戦はネパールだ!不可能は可能になる!涙と感動の実話!感動のベストセラー第二弾。

目次

第1章 情熱の先にあるもの(直営第1号店オープン
『裸でも生きる』
「情熱大陸:自分との葛藤
マザーハウス式店舗展開
マザーハウス式社会貢献事業
夢の百貨店)
第2章 バングラデシュ、試練をバネにして(突然の退去通告
どうしても守りたいもの
劣悪な移転先
ハシナのピーナッツ
ローシャンが辞めた日
バングラで最高の工場をめざして)
第3章 チームマザーハウスの仲間たち(デザイナーとしての自分を操る
『通販生活』とのコラボレーション
「チームマザーハウス」
やりたいことが分からない人へ
「資本主義」をポジティブにとらえる
HISのバングラデシュ・ツアー)
第4章 そして第2の国ネパールへ(ネパールへの旅立ち
ネパールの混乱した現実
私は私の哲学に固執したい
ダッカ織りとの出会い
やはりバッグで勝負したい)
第5章 ネパール、絶望と再生の果てに(ネパールのバッグ提携工場
前払いできるか、とビルマニは言った
ネパールでの本当の戦い
ラトナ工場との絆
ビルマニのたくらみ
そして扉は閉ざされた
脅迫電話
神様はどんな決断を私に期待するのか
裏切りという結末
再生のためのインド
歩きつづけるための選択)

出版社
商品紹介

「途上国発ブランド創造」という突拍子もないコンセプトを掲げ「社会起業」を一般名詞に変えた28歳女性社長が自らつづるリアルタイムストーリー。

おすすめコメント

「途上国発ブランド創造」という突拍子もないコンセプトを掲げ「社会起業」を一般名詞に変えた28歳女性社長が自ら綴るリアルタイムストーリー。やればできる!

出版社・メーカーコメント

日本中を感動の渦に巻き込んだ感動のベストセラー『裸でも生きる』のシリーズ第二弾! 小学校で壮絶なイジメにあい、中学校で非行に走り、強くなりたいと男子だけの柔道部へ入部、そして偏差値40の高校から3ヵ月で慶應大学合格。インターンで訪れた国際機関で国際援助の矛盾を感じ、自ら現場を知って途上国の貧困を救おうと、単身バングラデシュに渡り起業。第二弾はバングラデシュで生産したバッグを販売する日本初の直営店オープン当日からスタートする。順風満帆かと思いきや、たくさんのメディアに注目されて孤独を感じる日々、信じていた現

著者紹介

山口 絵理子 (ヤマグチ エリコ)  
株式会社マザーハウス代表取締役兼デザイナー。1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、バングラデッシュBRAC大学院開発学部修士課程修了。小学校時代イジメにあい、その反動で中学で非行に走る。その後、強くなりたいと高校の「男子柔道部」に自ら飛び込み、全日本ジュニアオリンピック第7位。偏差値40から受験勉強3ヵ月で慶應大学に合格。大学のインターン時代、ワシントン国際機関で途上国援助の矛盾を感じ、アジア最貧国「バングラデシュ」に渡り日本人初の大学院生になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)