• 本

ハチ公物語 待ちつづけた犬

講談社青い鳥文庫 265−4

出版社名 講談社
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-06-285103-9
4-06-285103-2
税込価格 626円
頁数・縦 163P 18cm

商品内容

要旨

「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね―。」雨の日も雪の日も、主人の帰りを駅で待つ。日本一有名な犬ハチと、飼い主のあたたかい心の交流を描いたノンフィクション。愛する者と暮らすことのすばらしさ、別れのせつなさに胸をうたれます。あなたを待つ人はだれですか。小学中級から。

目次

ハチが生まれた日
ハチ、東京へ
上野先生とハチ
お花見の日
朝鮮出張
ハチがいなくなった
駅へのおむかえ
上野先生の死
はなればなれに
ぼくんちとハチ
渋谷駅
ハチの死

出版社
商品紹介

雨の日も雪の日も、主人の帰りを駅で待つ……。日本一有名な犬、忠犬ハチ公と飼い主の心の交流を描く。

出版社・メーカーコメント

「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね――。」雨の日も雪の日も、主人の帰りを駅で待つ。日本一有名な犬ハチと、飼い主のあたたかい心の交流を描いたノンフィクション。愛する者と暮らすことのすばらしさ、別れのせつなさに胸をうたれます。あなたを待つ人はだれですか。 <小学中級から>

著者紹介

岩貞 るみこ (イワサダ ルミコ)  
モータージャーナリスト、ノンフィクション作家。1962年横浜市出身
田丸 瑞穂 (タマル ミズホ)  
1965年広島県出身。雑誌や広告などを中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)