• 本

タロとジロ 南極で生きぬいた犬

講談社青い鳥文庫 248−11

出版社名 講談社
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-06-285247-0
4-06-285247-0
税込価格 626円
頁数・縦 189P 18cm

商品内容

要旨

観測隊員といっしょに南極へ行ったカラフト犬。かれらは、荷物や人をのせたそりをひく「はたらき犬」だ。がんばりやの犬、すぐにサボる犬、あまえんぼうの犬…。性格はいろいろでも、みんな大事な仲間だった。ところが、1年後、15頭の犬たちに悲しい運命が待っていた―。第一次南極観測越冬隊員とカラフト犬の強い絆をえがく感動の物語。

目次

東京タワーにいるナゾの犬
お別れ
はたらき犬
未知の大陸・南極へ
犬ぞりの出番がやってきた!
南極のきびしい冬
カラフト犬の底力
ベックよ安らかに
帰ってこないクマ
雪の上の赤いスタンプ
運命の日
奇跡
きみたちを忘れない

出版社
商品紹介

第一次南極観測隊とともに南極で働き、隊員にとっても大事な仲間だったカラフト犬。しかし1年後、悲しい別れが待っていた……。ほんとうにあった物語。

著者紹介

東 多江子 (ヒガシ タエコ)  
福岡県生まれ。同志社大学卒業。フリーライターを経て、脚本家に
佐藤 やゑ子 (サトウ ヤエコ)  
東京都生まれ。都立工芸高校デザイン科卒業。第62回毎日広告デザイン賞受賞
岩合 光昭 (イワゴウ ミツアキ)  
東京都生まれ。動物写真家。『海からの手紙』(朝日新聞社)で木村伊兵衛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)