• 本

ぼくと未来屋の夏

講談社青い鳥文庫 174−28

出版社名 講談社
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-06-285356-9
4-06-285356-6
税込価格 715円
頁数・縦 253P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

夏休み前日、「未来を知りたくないかい?」と未来を売る「未来屋」の猫柳と出会った風太。この出会いから奇妙な夏休みがはじまった。風太の住む髪櫛町には、子どもが消えるという「神隠しの森」、「人喰い小学校」や「人魚の宝物」など、不気味な伝説がたくさんあって!?「神隠しの森」を自由研究のテーマにした風太に謎が立ちはだかる!?ドキドキの夏休み冒険ストーリー!小学上級から。

出版社・メーカーコメント

夏休み前日、「未来を知りたくないかい?」と未来を売る「未来屋」の猫柳と出会った風太。この出会いから奇妙な夏休みがはじまった。風太の住む髪櫛町には、子どもが消えるという「神隠しの森」、「人喰い小学校」や「人魚の宝物」など、不気味な伝説がたくさんあって!? 「神隠しの森」を自由研究のテーマにした風太に謎が立ちはだかる!? ドキドキの夏休み冒険ストーリー! ※小学上級から

著者紹介

はやみね かおる (ハヤミネ カオル)  
1964年、三重県に生まれる。三重大学教育学部を卒業後、小学校の教師となり、クラスの本ぎらいの子どもたちを夢中にさせる本をさがすうちに、みずから書きはじめる。「怪盗道化師」で第30回講談社児童文学新人賞に入選
武本 糸会 (タケモト イトエ)  
大阪府生まれ。イラストレーター、漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)