• 本

でかでか人とちびちび人

新装版

講談社青い鳥文庫 27−3

出版社名 講談社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-06-285515-0
4-06-285515-1
税込価格 670円
頁数・縦 203P 18cm
シリーズ名 でかでか人とちびちび人

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

船長であるおじの六兵太が、小指の先ほどの小さな人間と話しているのを見て、ゆりは、びっくり。それは、南の島から文字をならいにきていた、ちびちび人たちでした。数か月後、ちびちび人となかよしのでかでか人から、ゆりあてにSOSの手紙がとどきました。ゆりは、六兵太とともに、あやしい事件がおきた町へ!講談社児童文学新人賞受賞作品に新たなイラストをくわえた新装版。小学初級から。

出版社
商品紹介

南の島で暮らす「でかでか島」からSOSの手紙が。行方不明になったちびちび人を救うため、ゆりと船長が大活躍!

おすすめコメント

ゆりは、船長であるおじの六兵太とくらしています。ある夜、六兵太が小指の先ほどの小さな人間と話しているのを見て、ゆりは、びっくり。ちびちび人たちは、六兵太に、文字を習いに来ていたのです。六兵太は、航海に出ているときに、南の島に浮かぶ不思議なふたつの島と、その島に住む、でかでか人とちびちび人との出会ったのでした。島へ帰っていくちびちび人を見送って、3か月ほどたったある日、でかでか・ぷんから、「ちびちび・ろんの一家が行方不明になった」という手紙が届きました。ちびちび・ろん一家を救うため、ゆりは、六兵太とともに、怪しい事件が起きた、のいばら市へ向かいます。

著者紹介

立原 えりか (タチハラ エリカ)  
東京都生まれ。デビュー作『人魚のくつ』で児童文学者協会新人賞を受賞。『でかでか人とちびちび人』で、講談社児童文学新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)