• 本

南総里見八犬伝 2

呪いとの戦い

講談社青い鳥文庫 262−10

出版社名 講談社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-06-285569-3
4-06-285569-0
税込価格 748円
頁数・縦 213P 18cm
シリーズ名 南総里見八犬伝

商品内容

要旨

里見家にかけられた呪いを破るために生まれた、玉を持つ八人の剣士。呪いに立ちむかう姿を描く、第2巻。犬田小文吾は、命をねらわれたところを謎の美少女に救われる。一方、犬飼現八は、山の中で化け猫と対決。また、犬塚信乃は、思いがけない再会に喜ぶが、そこでも悲劇が。剣士たちは、つぎつぎおそってくる呪いを断つことができるのか?そして、残るふたりの仲間はどこに?小学上級から。

おすすめコメント

里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第2巻。追手から逃げる中で、散り散りになってしまった剣士たち。犬田小文吾(いぬた・こぶんご)は、命をねらわれたところを美少女旦開野(あさけの)に救われる。一方、犬飼現八(いぬかい・げんぱち)は、山の奥で化け猫に襲われる……。犬塚信乃(いぬづか・しの)は、思いがけない再会に喜ぶが、そこでも悲劇が……。剣士たちは、呪いに勝ち、再びめぐりあうことができるのか? <小学上級から・すべての漢字にふりがなつき・古典>

著者紹介

曲亭 馬琴 (キョクテイ バキン)  
1767年生まれ。江戸時代後期の作家。1814年から28年をかけて全98巻、106冊の『南総里見八犬伝』を完結させた。1848年没
時海 結以 (トキウミ ユイ)  
長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究職にたずさわったのち、2003年『業多姫』(富士見書房)で作家デビュー。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属
亜沙美 (アサミ)  
大阪府生まれ。京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)ビジュアルデザインコース卒業。2001年、講談社フェーマススクールズコミックイラスト・グランプリ佳作入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)