• 本

西郷隆盛と明治維新

講談社現代新書 2202

出版社名 講談社
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-06-288202-6
4-06-288202-7
税込価格 814円
頁数・縦 207P 18cm

商品内容

要旨

征韓論、西南戦争…。「軍部独裁と侵略戦争の元祖」はつくられた虚像だった!日本近代史の第一人者が近代国家に導いた人物の実像に迫る。

目次

第1章 「攘夷」なき「尊王」論者
第2章 安政の大獄と西郷隆盛
第3章 西郷の復権
第4章 大名の「合従連衡」から藩兵の「合従連衡」へ
第5章 「革命」の終了と政権復帰
第6章 廃藩置県後の西郷
終章 西郷の虚像と実像

出版社・メーカーコメント

日本近代史の第一人者が、日本を近代国家に導いた人物を描き出す! 征韓論、西南戦争……、「軍部独裁と侵略戦争の元祖」はつくられた虚像だった! 幕末期に「議会制」を構想し、封建制の打破に尽力し、江華島事件を卑劣と非難した、幕末維新の巨人の実像に迫る一冊。

著者紹介

坂野 潤治 (バンノ ジュンジ)  
1937年神奈川県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学社会科学研究所教授、千葉大学法経学部教授を経て、現在、東京大学名誉教授。専攻は、日本近代政治史。著書に、『近代日本の国家構想』(岩波現代文庫、吉野作造賞受賞)、『日本憲政史』(東京大学出版会、角川源義賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)