• 本

「イスラム国」と「恐怖の輸出」

講談社現代新書 2327

出版社名 講談社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-06-288327-6
4-06-288327-9
税込価格 836円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

ニュースではわからない「不安定」が日常化する世界の現実。“建国”1年。事態はさらなる混沌へ。“敵”となった日本人に必要な自衛策とは?情報・危機管理のエキスパートが詳細に読み解く。

目次

プロローグ 終わりなきテロの時代に
第1章 狙われた日本人
第2章 「イスラム国」誕生
第3章 アメリカの失敗
第4章 世界にテロを輸出せよ
第5章 テロ自衛策とリスク管理
エピローグ かくて聖戦は続く

おすすめコメント

IS「建国」1年。新たなテロ指令を発し、ますます不安定化する世界の現実を、インテリジェンス、危機管理のエキスパートが詳細に解き明かす! なぜISの勢いは衰えないのか? 関係各国の思惑とは? アメリカの決定的失敗とは? これからのキーワードは「フランチャイズ化」と「一匹狼型テロ」 「敵」となった日本と日本人の自衛策は? テロ対策の専門家として、イスラム過激派の動向をウォッチし続けてきた著者が、ニュースではわからない真実を明らかにする。

出版社・メーカーコメント

IS「建国」1年。新たなテロ指令を発し、ますます不安定化する世界の現実を、インテリジェンス、危機管理のエキスパートが詳細に解き明かす! なぜISの勢いは衰えないのか? 関係各国の思惑とは? アメリカの決定的失敗とは? これからのキーワードは「フランチャイズ化」と「一匹狼型テロ」「敵」となった日本と日本人の自衛策は? テロ対策の専門家として、イスラム過激派の動向をウォッチし続けてきた著者が、ニュースではわからない真実を明らかにする。

著者紹介

菅原 出 (スガワラ イズル)  
国際政治アナリスト、危機管理コンサルタント。1969年東京生まれ。中央大学法学部政治学科卒業。アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒業。国際関係学修士。在蘭日系企業勤務、フリーのジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国系危機管理会社G4S Secure Solutions Japan役員を経て現職。米国を中心とする外交、中東の安全保障やテロリズム、インテリジェンス研究が専門で、米国、アフガニスタン、パキスタン、イラクと世界中を駆け巡る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)