• 本

反文学論

講談社文芸文庫 かB10

出版社名 講談社
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-06-290161-1
4-06-290161-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 253P 16cm

商品内容

要旨

一九七七年から七八年にわたり、初期代表作となる『マルクスその可能性の中心』、『日本近代文学の起源』と並行して書かれた、著者唯一の文芸時評集。百人近い現役作家を俎上に載せた短い“時評”と“感想”にこの類稀な批評家のエッセンスが凝縮し、横溢する。転換期に立つ「近代文学」の終焉を明瞭化した記念碑にして、これから文学にかかわる者の、必読の書。

目次

方法をめぐって
同一性と差異性について
歴史的感覚について
文学の活性化をめぐって
現実について
神話と文学をめぐって
「外国文学」と「日本文学」について
価値について
異言としての文学
老いについて〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

世界的な批評家が’70年代後半に書かれた唯一の文芸時評集。「感想」の連なりの中で、暗に「近代文学」の終焉を宣言した、記念碑。

著者紹介

柄谷 行人 (カラタニ コウジン)  
1941・8・6〜。評論家。兵庫県生まれ。1965年、東京大学経済学部卒業。67年、同大学大学院英文学修士課程修了。法政大学教授、近畿大学教授、コロンビア大学客員教授など歴任。また、批評誌「季刊思潮」「批評空間」を創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)