• 本

悪酒の時代|猫のことなど 梅崎春生随筆集

講談社文芸文庫 うB4

出版社名 講談社
出版年月 2015年11月
ISBNコード 978-4-06-290290-8
4-06-290290-7
税込価格 1,728円
頁数・縦 338P 16cm

商品内容

要旨

『桜島』『日の果て』『幻化』など、戦後派を代表し生と死を見つめ続けた梅崎春生。多くの作家や読者を惹きつけてやまない、その自由な精神、人生や社会への深い洞察とユーモア、アイロニー。鬱々とした戦時の記憶を奥に潜ませながら、内なる孤独と向き合った作家の日常への思い。人に優しく、酒におぼれた梅崎春生の名随筆集。

目次

猫・酒・碁(主役はへちま
カロ ほか)
茸の独白(強情な楽天家
茸の独白 ほか)
蟻と蟻地獄(暗号術臨時講習員
蟻と蟻地獄 ほか)
ふるさと記(柳川旅愁
平和と自然の街 ほか)
馬のあくび(馬のあくび
チョウチンアンコウについて ほか)

おすすめコメント

『桜島』『日の果て』『幻化』など、戦後派を代表し生と死を見つめ続けた梅崎春生。多くの作家や読者を惹きつけやまない、その自由な精神。人生や社会への深い洞察とユーモアとアイロニー。鬱々とした戦時の記憶を奥に潜ませながら。内なる孤独と向き合った作家の日常への思い。人に優しく、酒におぼれた梅崎春生の名随筆集。

著者紹介

梅崎 春生 (ウメザキ ハルオ)  
1915・2・15〜1965・7・19。小説家。福岡県生まれ。東京帝国大学文学部国文科在学中に「風宴」が「早稲田文学」に掲載される。太平洋戦争での軍隊生活を経て、戦後『桜島』を始めとした小説を次々に発表し、第一次戦後派と呼ばれる。54年「ボロ家の春秋」で第32回直木賞、「砂時計」で第2回新潮社文学賞、64年「狂ひ凧」で芸術選奨文部大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)