• 本

「文壇」の崩壊

講談社文芸文庫 とJ1

出版社名 講談社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-06-290307-3
4-06-290307-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 326P 16cm

商品内容

要旨

文壇事情に精通し、匿名批評も多くし、四十九歳で世を去った昭和の文芸批評家、十返肇。軽評論家と称され、正当な評価を受けていたとは言いがたい彼はしかし、文学への深い愛と理解力、該博な知識をもって、昭和という激動の時代の文学の現場に、生き証人として立ち会い続けた希有なる評論家であった。今なお先駆的かつ本質的な、知られざる豊饒の文芸批評群。

目次

贋の季節―戦後文学の環境(抄)
文芸雑誌論
「文壇」の崩壊
文学界人物史
ピンからキリまで
詩のない生活から

おすすめコメント

文壇事情に精通し、匿名批評も多くし、四十九歳で世を去った昭和の文芸批評家、十返肇。軽評論家と称され、正当な評価を受けていたとは言いがたい彼はしかし、文学への深い愛と理解力、該博な知識をもって、昭和という激動の時代の文学の現場に、生き証人として立ち会い続けた希有なる評論家であった。今なお先駆的かつ本質的な、知られざる豊饒の文芸批評群。

著者紹介

十返 肇 (トガエリ ハジメ)  
1914・3・25〜1963・8・28。文芸評論家。香川県高松市生まれ。日本大学芸術科卒。吉行エイスケに師事し、在学中から小説や評論を発表。編集者、宣伝などのかたわら評論、文芸時評、小説など幅広い文筆活動を三十年にわたって続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)