• 本

死産される日本語・日本人 「日本」の歴史−地政的配置

講談社学術文庫 2297

出版社名 講談社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-06-292297-5
4-06-292297-5
税込価格 1,220円
頁数・縦 357P 15cm

商品内容

要旨

誰もが無意識のうちにその存在を信じている。「日本語」と「日本人」は、近代になって生み出された人為の産物である。ところが、それらは生まれた時にはすでに死んでいた…。その斬新な議論で刊行当初から幾多の議論を巻き起こしてきた問題の書が、新稿を加えた決定版で登場。「日本」の価値が揺らいでいる今、問題を根底から考えるための必読文献。

目次

1 近代の批判:中絶した投企―日本の一九三〇年代
2 国民共同体の「内」と「外」―丸山真男と忠誠
3 国際社会のなかの日本国憲法―社会性の比喩としての“移民”と憲法
4 遍在する国家―二つの否定:『ノー・ノー・ボーイ』を読む
5 歴史という語りの政治的機能―天皇制と近代
6 死産される日本語・日本人―日本語という統一体の制作をめぐる(反)歴史的考察
7 「西洋への回帰」と人種主義―現代保守主義と知識人

おすすめコメント

グローバル化がとどめられない勢いをもつ現在、ナショナリズムや自民族中心主義、それが生み出す排外主義が台頭してきている皮肉な現実は、世界中のさまざまな出来事を見ても疑いない。本書は、若き日にアメリカに渡って博士号を取得したあと、本拠地アメリカのみならず、ヨーロッパやアジアを含め、世界中で活躍してきた著者が日本語でものした初めての著書である。本書の中核をなし、書名にも採用された記念碑的論文「死産される日本語・日本人」で、著者は「日本語」や「日本人」はそれ自体としてあるものではないと説く。かといって、それらは好き勝手に作ることのできる想像の産物でもない。「日本語」や「日本人」が問題になったのは、「近代」という時代になって、それらが国家統合の理念として要請された時だった。そこで要請された「日本語」や「日本人」は「純粋」でなければならず、その「純粋」な存在は『古事記』や『日本書紀』などを素材にして、失われた過去に求められることになった。その「純粋」な存在が現在まで連綿と続いていることを理由に、現在の「日本語」や「日本人」が正当化される。このような論理は今も至る所に見られるが、一見して分からないほど巧妙なものであることも確かである。その論理を鮮やかに浮かび上がらせた著者は、次のように言う。「国語あるいは国民語の起源をめぐる歴史的問いは、『日本語』そして国民的主体としての『日本人』が、生まれると同時に死んでいた、あるいはすでに喪失されたものとしてしか生まれることができなかった」。今もなされ続けている暴力は、生まれた時にはすでに死んでしまっていたものを根拠にしている、という事実から出発してこそ、世界の悲惨を解決する道も見出されるだろう。刊行当初から幾多の議論を巻き起こしてきた問題の書が、新稿を加えた決定版として学術文庫に登場。

著者紹介

酒井 直樹 (サカイ ナオキ)  
1946年、神奈川県生まれ。1971年、東京大学文学部卒業。1983年、シカゴ大学人文科学部で博士号取得。現在、コーネル大学人文学部教授。専門は、日本思想史・文化理論・比較思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)