• 本

論理学 考える技術の初歩

講談社学術文庫 2369

出版社名 講談社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-06-292369-9
4-06-292369-6
税込価格 929円
頁数・縦 231P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

啓蒙思想家と交流をもちつつ、ロックやニュートンなどの経験論をフランスに輸入・発展させたコンディヤック(一七一四―八〇年)は、最晩年に至って若者たちのために最良の教科書を記した。この本を読めば、難解な書物も的確に、そして素早く読むことができる―と著者自身が断言する本書には、西洋が生んだ知の技法の奥義がある。本邦初訳作品。

目次

第1部 自然はいかにして我々に分析を教えるか。また、この分析という方法に即して観念と心の諸機能の起源と発生を説明すると、どのようになるか(自然はいかにして考える技術の最初のレッスンを我々に与えるか
知識を獲得する唯一の方法は分析である。いかにして我々は分析という方法を自然そのものから学ぶか
分析は精神を正確なものにする
いかにして自然は我々に感覚的対象を観察させ、さまざまな種類の観念を獲得させるか
感官で捉えられないものごとについての観念
同じ主題のつづき
心の諸機能の分析
同じ主題のつづき
感覚能力と記憶力の原因について)
第2部 分析の手段と効果についての考察、すなわち、よくできた言語に還元された推論の技術(我々が自然から学んだ知識はいかにしてすべてが完全に結びついた体系をなすか。自然の教えを忘れたとき、我々はいかにして道に迷うか
いかにして行動の言語が思考を分析するか
いかにして言語は分析的方法になるか。この方法の不完全性
言語の影響について
抽象的で一般的な観念についての考察。推論の技術はいかにしてよくできた言語に還元されるか
言語の乱用を改善する唯一の手段は定義だと考える人がどれほど間違っているか
言語が単純であれば、推論はどれほど単純になるか
推論の技巧は何に存するか
確かさのさまざまな段階。明証性、推測、類推について)

著者紹介

コンディヤック,エティエンヌ・ボノ・ド (コンディヤック,エティエンヌボノド)   Condillac,Etienne Bonnot de
1714〜80年。フランスの哲学者。イギリス経験論をフランスに輸入・発展させた
山口 裕之 (ヤマグチ ヒロユキ)  
1970年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。現在、徳島大学准教授。専門は、フランス近代哲学・科学哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)