• 本

滑稽の研究

講談社学術文庫 2379

出版社名 講談社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-06-292379-8
4-06-292379-3
税込価格 1,056円
頁数・縦 273P 15cm

商品内容

要旨

滑稽とはなにか。『のらくろ』の巨匠が真摯に探求した。執筆の傍ら研究を続け、米寿に際して発表した書。国内外の美学、論理学等の論考を渉猟、古代以来の軌跡を追い、理論的バックボーンを追究する。また、芸能・文芸・絵画の史料に滑稽の発祥を求める。難解な理論も、自身や同時代作家の作品を豊富に引用し、実作者ならではの視点で解釈を試みる。

目次

理論編(美学による滑稽
美的範疇
修辞学による滑稽
笑い)
史料編(芸能
文芸
絵画)

おすすめコメント

「のらくろ」の巨匠が「滑稽とはなにか」を真摯に探求する。古今東西の哲学者による笑いの研究を参照し、滑稽の美学をつくりあげる。

著者紹介

田河 水泡 (タガワ スイホウ)  
1899‐1989。漫画家。本名は高見沢仲太郎。日本美術学校卒。落語作家を経て、「目玉のチビちゃん」(1928)でデビュー。1969年紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)