• 本

雨月物語 全訳注

新版

講談社学術文庫 2419

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-292419-1
4-06-292419-6
税込価格 1,782円
頁数・縦 599P 15cm
シリーズ名 雨月物語

商品内容

要旨

崇徳上皇の御陵に参った西行が見たものは?自由への願いを鯉の絵に託した三井寺の僧・興義は、自ら絵に同化し湖へ。高野山では怨霊になった豊臣秀次一行の宴会に巻き込まれ、雨宿り先で邂逅した美しい女は、蛇に姿を変え―。抑えがたい情念が、此岸と彼岸を越えて暴れ出す。奇才・上田秋成が安永五年(一七七六)に世に放った怪異譚、全九篇。

目次

雨月物語序
巻之1(白峯
菊花の約)
巻之2(浅茅が宿
夢応の鯉魚)
巻之3(仏法僧
吉備津の釜)
巻之4(蛇性の婬)
巻之5(青頭巾
貧福論)

おすすめコメント

慕っていた崇徳上皇の御陵に参った西行が見たものとは? 「白峯」 病に倒れた旅の武士。逗留先の学者と兄弟のちぎりを交わすが――「菊花の約」 怠け者勝四郎、都に上ると里は戦禍に塗れる。そして愛する妻は――「浅茅が宿」 絵が得意な三井寺の僧・興義。求める者には自作画を欲しがるまま与えながら、鯉の絵だけは頑として手放さなかった――「夢応の鯉魚」 高野山へ物見遊山の親子。「仏法」と鳴く鳥に応え歌など詠むも、そこに武士たちが現れ――「仏法僧」 吉兆なら湯が沸き上がるという釜。若い夫婦が祈願したが、釜は虫の声ほどの音も立てなかった――「吉備津の釜」 雨宿り先で邂逅した美しい女を追いかけ、幸せに暮らすはずが――「蛇性の婬」 遊行僧を泊めた老人は、紺染の頭巾をかぶり、「鬼」になった僧の話を始め、あることを懇願した――「青頭巾」 武士・岡左内は、度を越した倹約ぶりで奇人とまで言われた。ある日、黄金の精霊と名乗る老人が枕もとに現れる――「貧福論」

著者紹介

上田 秋成 (ウエダ アキナリ)  
1734年‐1809年。江戸中期の国学者、歌人、小説家。大坂・曾根崎生まれ。1776年(安永5)、剪枝崎人の名で『雨月物語』を刊行
青木 正次 (アオキ マサツグ)  
1935年横浜市生まれ。東京大学大学院修了。日本近世文学専攻。藤女子大学教授。2008年12月9日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)