• 本

ハイデガー入門

講談社学術文庫 2424

出版社名 講談社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-06-292424-5
4-06-292424-2
税込価格 1,080円
頁数・縦 299P 15cm

商品内容

要旨

マルティン・ハイデガー(一八八九‐一九七六年)は「20世紀最大の哲学者」として、今なお光を放ち続ける。しかし、その思想は難解で謎めいている。本書は主著『存在と時間』から後期思想に至る展開を平易に描き、物議を醸したナチズムとの関わりをも概観する決定版入門書である。混迷する21世紀の思想と政治を考える上で必携の書、ついに文庫化!

目次

第1章 「存在」問題について(来歴
「存在」問題の提起 ほか)
第2章 『存在と時間』1―人間存在の本質の探究(「人間存在の探究」についての全体の構図
人間はどういう存在者か ほか)
第3章 『存在と時間』2―死の現存在分析(全体存在と「死」
証し、良心、決意性 ほか)
第4章 「存在」の探究―後期ハイデガー(後期ハイデガーを読むために
「存在」とは何か―空け開け、無、明るみ ほか)
第5章 問題としてのハイデガー(ナチズムとハイデガー
ハイデガー「存在」論の意義 ほか)

おすすめコメント

「20世紀最大の哲学者」として今なお読み継がれるマルティン・ハイデガー(1889−1976年)。その影響力は、サルトルからフーコー、デリダに至る現代思想、ガダマーに代表される解釈学、ビンスワンガーやミンコフスキーらの精神病理学、そしてバタイユ、ブランショといった文学研究まで、あまりにも大きく決定的だった。本書は、その巨人ハイデガーの思想の全容を1冊で理解できる、と長らく定評を得てきた名著、待望の文庫化である。著者は、ハイデガーの生涯を概観した上で、「「ある」とは何か」という前代未聞の問いを掲げた『存在と時間』(1927年)を豊富な具体例をまじえながら分かりやすく読解していく。その理解を踏まえて難解で知られる後期思想の世界に分け入り、読者をたじろがせる膨大な著作群に明快な見通しが示される。その上で、20世紀末に突如として勃発した、ハイデガーのナチズムへの加担問題という微妙な話題にも躊躇することなく取り組み、この問題をどのように考えればよいのか、最良のヒントを与えてくれる一書ともなっている。ここにある「学問と政治」の関係という問題は、温暖化問題や原発問題など、今日世界中で次々にクローズアップされてきていることは誰の目にも明らかである。ハイデガーについては、「黒ノート」と呼ばれる草稿の公刊を機に、再び反ユダヤ主義と哲学の関係が取り沙汰されるようになってきている。このように、今日ますます切迫した問題と深く関わるハイデガーの思想にアクセスするための最良の第一歩として、本書は他に類を見ない価値をもっている。学術文庫版のための書き下ろしをも加えた決定版、ついに登場。

著者紹介

竹田 青嗣 (タケダ セイジ)  
1947年生まれ。哲学者。早稲田大学政治経済学部卒業。現在、早稲田大学国際教養学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)