• 本

大英帝国という経験

講談社学術文庫 2469 興亡の世界史

出版社名 講談社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-06-292469-6
4-06-292469-2
税込価格 1,415円
頁数・縦 427P 15cm

商品内容

要旨

大陸の片隅の島国は、「アメリカ植民地の喪失」をステップに大帝国へと発展し、女王ヴィクトリアが君臨する最盛期を迎えた。博物館と万国博覧会、紅茶、石鹸、ミュージック・ホール。あらゆる文化と娯楽を手に入れ、女性たちが世界を旅し、いちはやく奴隷を解放した「博愛の帝国」。現在のイギリスに「世界帝国だった過去」は何を残しているのだろうか。

目次

第1章 アメリカ喪失
第2章 連合王国と帝国再編
第3章 移民たちの帝国
第4章 奴隷を解放する帝国
第5章 モノの帝国
第6章 女王陛下の大英帝国
第7章 帝国は楽し
第8章 女たちの大英帝国
第9章 準備された衰退
第10章 帝国の遺産

おすすめコメント

「アメリカ喪失」が世界帝国へのステップだった! 移民と奴隷貿易、娯楽と博覧会、女王ヴィクトリアの治世。現代に続く解体と再編。

著者紹介

井野瀬 久美惠 (イノセ クミエ)  
1958年愛知県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。甲南大学文学部教授。専門はイギリス近現代史、大英帝国史。日本学術会議副会長はじめ、文部科学省科学技術・学術審議会、兵庫県長期ビジョン審議会、朝日放送番組審議会などの委員を歴任。主な著書に『植民地経験のゆくえ』(第19回女性史青山なを賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)